タイヤランド沖縄新聞 第7号

第7号

ゴールデンウィーク明けの今回は、車椅子で伊江島日帰り旅行の特集をしました。

2018年6月 発行。

タイヤランド沖縄新聞第7号1,4ページ タイヤランド沖縄新聞第7号2,3ページ

 

 

主な記事

  • セレナをリフト車に改造
    一般車両の日産セレナの3列目を外し、リフトを後付けで取り付けしました。
  • 介護福祉機器助成
    上記のリフト改造に用いた介護施設向けの助成金です。
  • 車椅子でのんびり日帰り伊江島旅行
  • クルマの保険の耳より情報!
  • 車いす陸上 日本代表として、マラソンワールドカップ(兼ロンドンマラソン)へ出場しました。
    記録:1時間52分19秒 (10位)
    詳細はこちら>> http://ak-challenge-pj.okinawa/News/593/
  • 社長おすすめカレー「ヤマナカリー別邸
    Facebook>> https://www.facebook.com/yamanacurry/

 

介護福祉機器助成

介護労働者の身体的負担を減らすために、介護事業者が新たに介護福祉機器を導入し、適切な運用を行うことにより、労働環境の改善が見られた場合、介護福祉機器の導入費用の25/100(上限150万円)が支給される助成金です。

対象となる機器
1.移動・昇降用リフト(立位補助機、非装着型以上介助機器を含む)

2.装着型移乗介助機器

3.自動車用車椅子リフト

4.エアーマット

5.特殊浴槽

6.ストレッチャー

 

※上記の助成金は「職場定着支援助成金」に含まれる【介護福祉機器助成コース】の紹介でしたが、名称が「人材確保等支援助成」へ変更されるようです。
詳しくは下記をご覧ください。

 職場定着支援助成金 >> https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/teityaku_kobetsu.html

お問合せ:沖縄県労働局 助成金センター
電話: 098-868-1606

 

車いすでのんびり日帰り伊江島旅行

フェリーバリアフリー

本部港からフェリーで30分の船旅。フェリーもバリアフリーでした。

 

伊江島ゆり祭り1

たくさんの品種のゆりが広がっています。

伊江島ゆり祭り2

見慣れている真っ白のゆりは、あたり一面に!!

 

伊江島地図

伊江島のマップを頼りに、ゆり園からは徒歩でハイビスカス園まで移動しました。

ゆり祭りの期間は、シャトルバスが運行していますが、リフトバスではないので車いすでの利用はできません。

タクシーを利用して移動することはできます。
私も、港からリリーフィールド公園(ゆり祭り会場)まではタクシーで移動しました。

リリーフィールド公園内には、バリアフリートイレも設置されています。

伊江村公式ホームページはこちら>> http://www.iejima.org/

 

ノンフリートってご存知ですか?

自動車保険のノンフリート割引とは、シンプルにいえば、各ドライバー等級(安全運転度)に応じて、自動車保険の保険料を割引したり割り増ししたりするための制度です。

等級は、1等級から20等級までの20ランクに分かれており、20等級が文句なしの有料ドライバー、1等級が事故を起こして保険にお世話になりがちなドライバーだといえます。

もちろん等級が高いほど割引率も高く、保険料は安くなります。
この割引、同居の親族で引き継ぐことができることをご存知ですか?

知らなきゃ損することになることも‥‥。また、等級は保険会社を変えても継承できます。(一部例外を除く)

 

アドバイザー

保険会社アシストのスタッフ有限会社アシスト

保健は複雑で内容を理解するのは容易ではありません。
タイヤランド沖縄となりの私たち(有)アシストでは、保険の疑問質問にお答えしますので、お気軽に遊びにきてくださいね!

電話:098-943-8881
Facebook>> https://www.facebook.com/ast9438881/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です