手動装置やリフトを後付けしたら、8ナンバーになる?

8ナンバーになる場合

簡単にいうと、車いす用リフトを設置する場合には8ナンバーになります。

細かくいえば、座席数や配置などいろいろな条件があるのですが、車いすをしっかりと車両に固定し、安全に走行できる改造であれば8ナンバーの登録は可能です。

そのため、車いす用リフト付き車両や、車いす用スロープ付き車両がその対象となってきます。

なお、手動装置や運転補助装置のみの改造では8ナンバーとはなりません。

 

YouTube

この質問への回答は、YouTubeでも公開しています。

YouTubeはこちらから>>

YouTubeでは、よくある質問への回答をはじめ、福祉車両を実際に運転している様子やさまざまな製品の使い方、動きなどを公開しています。

ぜひチャンネル登録をお願いします!

YouTubeチャンネル登録

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です