病気やケガでこれまでのように運転ができなくなった

病気やケガで運転が困難に

これまでと身体の状態が変わってしまった

これまで運転していたけれど、さまざまな原因で身体の状態が変わってしまうことも多いです。

  • 病気で麻痺が残ってしまった。
  • ケガで四肢切断、麻痺が残ってしまった。
  • 年齢を重ねて、だんだん握力がなくなってきた。

そういった方々が運転をされるときには、【運転補助装置】と呼ばれるものを取り付けて運転をします。

身体の状態が変わってしまった原因によって、必要な手続き・手順は異なってきます。

個々に合わせた内容の説明をいたしますので、一度お問合せください。

 

YouTube

この質問への回答は、YouTubeでも公開しています。

YouTubeはこちらから>>

YouTubeリンク

YouTubeでは、よくある質問への回答をはじめ、福祉車両を実際に運転している様子やさまざまな製品の使い方、動きなどを公開しています。

ぜひチャンネル登録をお願いします!

YouTubeチャンネル登録

 

 

運転補助装置のページへ

さまざまな運転補助装置があります。

詳しくはこちらから↓↓

手動装置付き車両のレンタカー兼代車

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です