タイヤランド沖縄新聞 第5号

第5号

2017年12月 発行。
新聞発行1周年目です。

タイヤランド沖縄新聞第5号 1.4ページ タイヤランド沖縄新聞第5号 3.4ページ

 

主な記事

  • 東京モーターショー2017
    タイヤランド沖縄でも取り扱っている【アクセルリング&ブレーキレバー】が装備された、車椅子陸上選手専用の車が出展されていました。
  • 小林アナウンサー(ラジオ沖縄)より、取材でお越しになった際に見た福祉車両についての想いがつづられたお手紙をいただきました。
  • SOLA沖縄保健医療工学院 スポーツ科学体育学科の根間先生より、肩甲骨の簡単ストレッチの紹介
  • 便利なサービスの活用術 ハウスクリーニング店の紹介
  • 社長おすすめカレー「とりの丸焼き こけこっこハウス
  • バリアフリー店「さびら 宜野湾店

 

東京モーターショー2017

世界各国のメーカーが一堂に集い、新しいコンセプトやデザインカーをリリースする、世界でも有数のモーターショーです。
そこで、トヨタ車体が「人に寄り添うクルマ」をキーワードとして車椅子アスリートのためのMyトランスポーター【CVアスレチック ツアラー コンセプト】を発表しました。

クルマにはもちろん手動装置がついていますが、その装置が【アクセルリング&ブレーキレバー(イタリア・KIVI)】でした。
タイヤランド沖縄で取り扱いの商品になります。
取り付け車両をご覧になることもできますので、お気軽にお問合せください。

東京モーターショー トヨタ車体 発表車両 東京モーターショー トヨタ車体発表車両 手動装置

 

小林アナウンサー(ラジオ沖縄)からのお手紙

2017年8月6日放送のラジオ沖縄「思いやり交差点」にてタイヤランド沖縄の福祉車両事業を放送していただきました。
小林アナウンサーが高里社長の声に耳を傾けてくださいました。

事前収録だったのですが、放送終了後にお手紙をいただきました。

「(前略)高里様のお話を伺いながら、私自身も福祉車両への興味とともに、その普及が社会的に大きな意義を持つのだということを認識いたしました。
介護・福祉施設が増え、街中で車イス利用者の乗降のための福祉車両を目にする機会は近年増えています。
一方で、タイヤランド沖縄で目にしたような、障がい者自身が運転するための改造が施された車両を目にする機会はほとんどありません。
外見からはわかりづらいということはあるかもしれませんが、あまり普及していないという現状も大きく関係しているのでしょう。
今回の取材を通して、民間の立場から福祉車両の改造に取り組まれているタイヤランド沖縄の活動を多くの人に知っていただくことが、すべての人々が社会に参画できるような環境づくりには非常に重要なことだと感じました。
今回の放送がその一助になればと思います。」

小林アナウンサー、ありがとうございました。

放送はこちらから>>
No.1(10分) No.2(5分)
※30分番組ですが、10分と5分で分けています。

 

ハウスクリーニングを活用する

掃除する時間がないあなた。
小さなお子さんがいるご家庭。
おうちが広くて掃除が大変なあなた。

掃除に困っているすべての皆さんへ、ハウスクリーニングを活用して年越し前に、ラクに大掃除をしませんか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です